引越しの退去前の小物類の片付け方法を伝授


小物類はすべてダンボールに詰め込むようにしよう

引越しの片付けや荷造りの準備は、思った以上に時間と手間がかかることがあります。前日までに引越しの準備が整うようにするには、できるだけ早めに片付けに取り掛かるようにしましょう。基本的に衣類や本、食器やフライパンなどの小物類はすべてダンボールに詰め込みます。引越しの車に効率よく詰め込みるように荷造りしておけば、引越しの運搬や搬入もスムーズになります。

小物類を手早く片付ける方法

食器や花瓶などの割れ物は、作業中や運搬・搬入時に落としたりすることもあるため、エアクッションや緩衝材を使用して包んでダンボールに入れます。隙間にも新聞紙などを敷き詰め、小物類が動かないようにしておくことが大切です。そして、小物類は重たい物から順に詰め込むようにしましょう。また、衣類はハンガーのものはそのままダンボールに詰め込みできます。衣類は軽いですが、ダンボールが盛り上がるほど詰め込むと、重ねるときに不安定になるので、あまり詰め込みすぎない程度に入れましょう。

片付けや荷造りに欠かせないダンボール

ダンボールは、スーパーやドラックストアなどで無料でもらえることもありますし、ホームセンターでダンボールを購入して調達することもできます。ダンボールは片付けをする時の必須アイテムてす。スムーズに持ち運びするためにも、しっかりと荷造りの基本をおさえておくことが大切。小物類を詰め終わったら、フタを短辺から長辺の順に折り、ガムテープでH型に貼ります。重い小物類を詰めたときは、十字型にテープを貼りつけておきましょう。そして、必ず何が入っているかわかるように、ダンボールに品物の名称を書き込むことが必要です。

要らなくなってしまった不用品の回収の依頼先として良いのは、一緒に買い取りも行ってくれる業者になります。