プライバシーを守るためのハードディスク処分法


簡易なフォーマットだけだと復元される可能性がある

廃棄するはずのハードディスクをインターネットオークションで販売した結果、落札者がハードディスクに残っている個人情報にアクセスできてしまったというニュースを覚えている人も少なくないでしょう。また、このニュースを知って「であれば、ネットオークションやフリマアプリ経由で購入した中古のハードディスクをどうにかすると、前の持ち主のメールや撮影した写真や動画などを見られるのか?」と思った人もいるかもしれません。実際のところどうかと言うと、例えば中古ハードディスクを購入してパソコンにつないだらそれだけで見られるということはまずないでしょう。なぜなら、出品する前にフォーマットを行っているからです。フォーマットとは、記録されているデータをまっさらにする処置のことで、こうすることでハードディスクのデータはすべて削除されます。ただ、削除されたデータを復元できる方法があり、簡単なフォーマットだと消したはずのデータを見られる可能性はゼロではありません。

フォーマット専用ツールを使うか物理的に破壊して廃棄

では、もしハードディスクを出品する立場になったらどうすればいいのでしょうか。できるだけプライバシー保護を謳ったフォーマット専用ツールを使いましょう。こうしたツールはランダムな数字などをディスクに書き込んだり削除したりを何度も繰り返すことで、もともと保存されていたメールやプライベートの画像、動画などを復元しにくくします。また、売れるとわかっていても売らずに廃棄するのも選択肢の一つです。その場合、不燃ゴミとして処分するのではなく、ハードディスクを物理的に破壊する業者に依頼すると良いでしょう。

機密文書を処理には、シュレッダーでバラバラにするのが有効です。しかし、大量の文書を処理するには手間がかかるので、水と文書を鋭い歯で混ぜて処理する「溶解処理」を業者に委託するのが便利です。