用途に合わせたタイムレコーダーで勤怠管理をしっかりと!


タブレット一つでOK!勤怠管理をスマートに

勤怠管理を行うにはタイムレコーダーを利用するのが一般的ですが、専用の用紙が必要だったり、紛失や打刻漏れなど管理が大変です。そんな時に便利なのがタイムレコーダーアプリです。タブレットへ導入するだけで、勤怠管理を行えます。操作はタップする手軽さで出勤、退勤を管理し、データとして出力することが可能です。顔認証システムが導入されたアプリもあるので、不正利用を防止することも出来ます。出力したデータをパソコンへ取り込んで、経理へ役立てることも出来ます。タイムレコーダーアプリは無料で使用できるものもありますが、サポート体制や内容が異なるので自社に合ったアプリを選ぶようにしましょう。タブレット一つあれば運用できるのでランニングコストも抑えられます。

タイムレコーダーアプリだからできること!

タイムレコーダーを利用すると勤怠管理が便利になります。例えば、社員ごとに設定が出来ます。正社員、パート、バイト、契約社員などのステータスを設定して管理ができます。事前にこうした設定をしておくことで、データ管理がしやすくなります。また、アプリをインストールしておけば出先でも勤怠管理を行えます。アプリから出勤した時刻を打刻できるので、出張している社員の勤務時間を管理することも可能です。タブレットやスマホがあれば、インターネット経由で情報を共有できるため海外からでも管理を行えるメリットがあります。また、タイムレコーダーアプリにはメーカーからのサポートもあるので、不明なことがあっても安心して利用できます。

働き方改革を進めるうえで、個人の勤怠管理の重要性が増しています。そのため、出退勤が容易に管理できるタイムレコーダーが見直されているのです。